市販のカビ取り剤と業者のカビ取り剤の違いとは?!

市販のカビ取り剤は、お風呂やトイレにポツポツと発生したカビを除去するのに便利です。

水で洗い流すことができるため、手軽に使うことができます。

スプレータイプジェルタイプなどがあるため、カビの気になる場所に使って、カビをピンポイントで殺菌し除去することができます。ドラッグストアなどで簡単に手に入れることができるのも嬉しいですね。

市販のカビ取り剤は、日頃のカビ取りお掃除にとても便利ですが、広範囲に発生してしまったカビの徐カビには向きません。

壁一面や床一面などにびっしりと発生してしまったカビは、カビ取り業者に依頼して徐カビされることをお勧めします。

では、実際に市販のカビ取り剤とカビ取り業者の使うカビ取り剤とはどのような違いがあるのでしょうか。

目次

1.市販のカビ取り剤とプロのカビ取り剤のちがい

1-1.市販のカビ取り剤の特徴

市販のカビ取り剤の主成分は、次亜塩素酸ナトリウムと水酸化ナトリウムです。次亜塩素酸ナトリウムは、カビを殺菌し漂白する効果があり、水酸化ナトリウムは強い洗浄効果があります。カビをしっかりと殺菌し除去するために入っている成分ですが、水酸化ナトリウムは毒性があり、皮膚に付着すると炎症を起こしてしまいます。

また、大量に塩素ガスを吸い込む可能性があるため、密室での作業は危険です。

必ず換気を充分に行った状態で使用し、水酸化ナトリウムが残留しないよう水でしっかりと洗い流す必要があります。

1-2.カビ取り業者の液剤の特徴

カビ取り業者によって使用する薬剤は様々ですが、弊社で取り扱っている独自開発の液剤は、水に分解できる次亜塩素酸を主成分に作られています。また、毒性の強い水酸化ナトリウムは含まれていないため、安全にカビ取りをしたい方におすすめです。

個人のお客様向けに、カビ取りマイスターキットもご用意しておりますので、業者レベルの液剤をご自分でお試しいただくことも可能です。

1-3.市販のカビ取り剤はこんな場所のカビ取りに適している

市販のカビ取り剤は、水酸化ナトリウムが含まれておりますので、お風呂やトイレ、シンクなど流水で洗い流せる場所のカビ取りに適しています。

ピンク色の酵母菌の除菌も行えますので、お風呂やシンクの四隅のお掃除にも役立ちます。

ただし、壁一面に広がったカビなどにはカビ取り剤を大量に吸入することによる健康影響などもありますので、おすすめしません。小規模のカビに使用し、しっかりと雑巾などで除去するように注意しましょう。

1-4.カビ取り業者のカビ取り剤はこんな場所のカビ取りに適している

カビ取り業者のカビ取り剤は、お風呂やトイレなどの水回りだけでなく、壁や天井に生えたカビ、床や床下など広範囲のカビ取りにも利用できます。

広い家の除カビなど、作業員が1日~2,3日がかりでカビ取りする場合もあるため、弊社では長時間の作業でも身体的負担が少ないものを使用しています。

カビが家中に広がってしまって、ピンポイントのカビ取りでは手に負えないという場合におすすめです。

2.自力でカビ取りをして悪化したケース

お客様の中には、自分で市販のカビ取り剤を使用した結果、状況が悪化してしまったという方も多くいらっしゃいます。

例えば、壁紙の表面に生えたカビを市販のカビ取り剤で除去していたところ、実際には壁紙の裏にまでカビが広がっていたため、何度カビ取りをしても1週間ほどで、またカビが再発してしまった例や、市販のカビ取り剤の漂白効果により、壁紙が変色してしまった

衣類に塩素剤が付着して脱色してしまったり、密室で使用していた為、倒れてしまい救急搬送されてしまった、皮膚に付着し、ただれてしまったということなどもあります。

市販のカビ取り剤は、換気をしっかりと行い正しい方法で使用すれば問題ないのですが、室内の壁のカビや、広がり過ぎた部分のカビ、天井など目線より高い位置に生えたカビを取るのにはあまり向きません。また、壁紙や床材の裏にまで広がっているカビを除去することはできないため、何度カビ取りをしても再発する場合や、壁や床一面にカビが広がっている場合には、早めにカビ取り業者へ相談しましょう。

3.カビ取り業者と同レベルのカビ取り剤

市販のカビ取り剤では、健康への影響が心配...だけどカビ取り業者に依頼するよりも予算を抑えたいという方のために、カビ取り業者と同レベルのカビ取り剤である「カビ取りマイスターキット」もあります。

独自開発の液剤で、カビ取り剤だけでなく、再発を防ぐための防カビ剤もご用意しております。プロレベルの液剤で室内のカビ除去をしたい方に喜ばれています。

まとめ

お風呂やシンク、トイレなど流水で洗い流せる部分のカビ除去に市販のカビ取り剤は便利ですが、壁や床、天井などに広がった広範囲のカビには、健康への影響を考慮し、カビ取り業者への相談も検討しましょう。

カビを放置すると、カビが広がりシックハウス症候群の原因になることもあります。特に抵抗力の弱い家族がいる場合には健康への影響が出る前に、早めに対処するようにしましょう。

また、業者と同レベルのカビ取り液剤を使用したい方は、独自開発液剤であるカビ取りマイスターキットもありますので、お気軽にご相談ください。