カビ臭いエアコンを業者に清掃してほしい!と思った時にチェックするポイント

季節の変わり目、久しぶりにエアコンのスイッチを入れたら、エアコンからカビ臭い匂いがしました。エアコンから出る風がカビ臭いので、とても気になりますし、喘息持ちの息子の具合も心配です。エアコンのクリーニング業者に依頼することも考えています。

暑い時には涼しく、寒い時には暖かく、私たちの暮らしやすい気温に調整してくれるエアコンは、日々の生活になくてはならない存在です。

しかし、室内の空気を循環させるため、エアコン内に湿気が溜まりやすく、また、埃なども付着しやすいことから、気づいたら内部にカビが生えていて、使うとカビっぽいニオイが室内中を漂ってしまいます。

これは、エアコン内部に発生したカビの胞子がエアコンの空気と共に、排出されることが原因として考えられますが、このまま放置すると部屋中にカビの胞子が撒き散らされ、室内のカビの原因となることもあります。また、カビアレルギーやシックハウス症候群の原因など、健康への影響が出る場合もあります。

参考:厚生労働省「シックハウス症候群の対策ページ」

そのため、エアコンのカビ臭さが気になる時には、早めに対策しなければなりません。

目次

エアコンがカビ臭くなる原因

カビは、湿気(湿度60%以上)、ホコリなどの栄養源、20℃以上の気温で発生しやすくなります。エアコン内部には、結露が生じやすく、またホコリなどが溜まりやすいことなどから、カビの原因となります。新築の家のエアコンでも1年目からカビが発生してしまうこともあるほど、エアコンの内部はカビの生えやすい環境なのです。

また、フィルターのお掃除は定期的に行っているでしょうか。フィルターのホコリを放置すると、そこに湿気が溜まりカビの原因となるのです。

エアコンのお手入れ方法

自力での解体...ちょっと待った!

エアコンは精密機械ですので、内部を清掃するのはおすすめしません。基本的にご自宅でできるお手入れは「フィルターの掃除」になります。フィルターを取り出して、ホコリを取り除き、中性洗剤を使って汚れを落としていきます。

キッチン近くに置いているエアコンですと、油汚れがフィルターに付着していることがあり、これも放置することでカビやエアコンのニオイの原因となります。

フィルターにホコリが溜まったままですと、電気代も余分にかかりますので、省エネのためにもこまめにフィルター掃除を行うようにしましょう。

参考:日立「エアコンにカビが生えてしまいました」

お掃除ロボット機能付きエアコンの場合

フィルターお掃除機能付きのエアコンの場合は、ボックスに溜まったホコリを取り除くくらいしか、お手入れができません。より内部が複雑なため、エアコンのメーカーに問い合わせるか、エアコン専門の清掃業者に依頼して、クリーニングされることをおすすめします。

エアコン使用時のコツ

カビ臭さが気になる時には、まず冷房を16℃に設定して、冷たい空気を送り込みます。1時間ほど窓を開けたまま、室内の空気とエアコン内の換気を行います。

また、使用後は送風にして、湿気を除去して結露をそのままエアコン内部に残さないようにするのも、エアコンのカビ臭さを防ぐコツです。

エアコンを使わない時期には、エアコンカバーをして、ホコリや汚れから保護するのもおすすめです。

フィルター掃除をしてもカビ臭い場合にはエアコン清掃業者に相談を

しかし、いくらフィルター掃除を行ってもカビ臭さが気になる場合には、内部のフィンやルーバーなど手の届かない部分にカビが発生している可能性があります。

自力でカビ取りをすると故障の恐れがありますので、メーカーに相談するか、エアコン専門のクリーニング業者に依頼しましょう。

カビの生えたエアコンのクリーニング業者を選ぶ際のポイント

  • カビに関する知識が豊富
  • 施工実績が多い
  • 口コミの評価が高い
  • 距離が近い(遠いと出張料金が発生することも)
  • 持っているエアコンのメーカーに対応している
  • 電話やメールなどの対応が迅速

また、連絡を取っている中での安心感も選ぶ際の重要なポイントです。

業者へ連絡する時には、以下の内容を予めメモしておくとスムーズです。

エアコンのクリーニング業者に依頼する際のチェックポイント

  • いつからカビ臭いか
  • どのメーカーのエアコンで何年使用しているか
  • 何畳用のエアコンか
  • 送風口から見えるカビがあるか
  • 自動フィルター掃除機能は付いているかいないか
  • フィルター掃除は行ったか

場合によっては、エアコン自体の買い替えを行った方が良い場合もありますので、上記のチェックポイントをメモして業者に相談しましょう。

お掃除ロボット機能付きのエアコンの場合は、より精密になるため、クリーニング料金もやや上がります。しかし、放置してカビの胞子が空気中に舞うことを考えると早めにプロに依頼して、エアコン内部をキレイにしてもらいましょう。

エアコン自体、カビの生えやすい機械ですので、エアコンのクリーニングは定期的に行うことをおすすめします。また、夏前などは繁忙期になり予約が取りにくくなる場合もあるため、早めに連絡するようにしましょう。

エアコンまわりの壁にカビが発生していたら

エアコンによる結露が原因で、天井や壁紙にもカビが発生してしまうこともあります。

特に、天井に発生したカビは厄介で、手が届きにくいため、なかなか先延ばしにしてしまいがちな場所でもあります。しかし、天井に生じたカビは重力の影響によりカビの胞子が下に落下し、壁や床など家中のカビ発生の原因となります。また、カビの胞子を吸い込むことで発生する健康被害のリスクもあります。

この場合は、カビ取り業者とエアコン業者どちらにも相談して、カビが広がる前に早めにカビ対策されることをおすすめします。

ハーツクリーンでは、4000件以上のカビ取り実績から、スムーズなカビ取り提案を行っております。エアコンクリーンも可能ですので、エアコンのカビと室内のカビが気になっている場合には是非ご相談ください。

エアコンのカビをカビ取り業者に依頼する際のチェックポイント

以下に該当される場合は、エアコンのクリーニング業者だけでなくカビ取り業者へもご相談ください。

  • エアコンの結露により、エアコンまわりの壁や天井にまでカビが広がっている
  • エアコンのクリーニングついでに、他の部屋のカビ問題を解決してキレイにしたい
  • エアコンや室内のカビ臭さが気になって落ち着かない
  • 小さな子供やアレルギー体質の家族、病中病後の家族がいるため室内のカビをキレイに除去したい

カビは放置すると、あっという間に広がる恐れがあります。エアコンのカビ臭さも放置せず早めの対策をしましょう。

まとめ

エアコンがカビ臭い場合、まず自宅でできることはフィルター掃除をすることです。しかし、エアコン内部は精密機械ですので、自力でのお手入れは故障の原因となりおすすめしません。

エアコンのメーカーやエアコン専用のお掃除業者へ相談し、クリーニングしましょう。

また、エアコンだけでなくエアコンまわりの天井や壁にカビが発生している場合には、一緒にカビ取り施工をされることをおすすめしております。エアコンの内部のカビや室内のカビにお悩みの方は、ぜひご相談ください。